検索

機械翻訳を使うべきか - 翻訳後の文章は自然な日本語ですか?

機械翻訳は日々進歩していると言われますが、機械翻訳の品質については、一言で言い表すことができません。機械翻訳が全く使い物にならない分野もあれば、繰り返しが多いIT関係では早くから機械翻訳が導入されている分野もあります。


各分野で活躍する翻訳者に話を聞いた話をまとめると、機械翻訳後のポストエディットは翻訳よりかなり大変で、でも受け入れるしか道はないという結論に至っているようです。


翻訳業界は担い手がなくなるのでは危機感を募らせる方もいます。



ポストエディットの作業は、機械翻訳で訳せなかった文や不自然な文章を直すだけだと思われているかもしれません。翻訳機と相性がいい分野でない限り、文章を直すだけでもいろいろと手を入れ始めたら翻訳作業に近い時間がかかります。だからといってポストエディットの翻訳が人手翻訳と同等レベルにはなりません。ぎごちなさ、英語文を臭わせるそれなりの文章です。それに加え、専門用語の間違い、用語の揺れ、訳し漏れ、文章の構造上の誤り、同じ単語の繰り返し、原文にない単語やフレーズの出現など、人が訳せば間違うはずがないところでも機械翻訳が正しく訳す保証がありません。ですから翻訳チェックの要素が多いポストエディットの作業はどこに間違いが潜むか分かりませんので気が抜けません。



翻訳を発注する方も翻訳する方にも

自然な日本語になっていますか?


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「海外の翻訳事情と顧客に近い翻訳者の道(米国シリコンバレー)」セミナー ― 機械翻訳が通じない世界がある ― 翻訳者の皆さんは機械翻訳の進歩により仕事が奪われていくと感じてないでしょうか。私の知る翻訳の世界では、人間しかできない翻訳が求められます。翻訳の仕事は今後二極化していくでしょう。海外での翻訳経験を踏まえ翻訳者として今後進むべき方向性を考えます。 <セミナー目次> 1.翻訳者が直面する機械翻