検索

人事関連企業の翻訳直し案件を受注:Video Surveillanceの用語これでいいの?

?ビデオ監視?


英語の Video Surveillance を訳したもののようですが 日本語では別の表現を使うのではないでしょうか。


以前にもこの用語を使っていた訳者さんがいらっしゃいました。


念のため調べてみると、

「ビデオ監視」の条件検索でヒットしたものはAmazonのサイト。信頼性に欠けますね~


最も近い表現では「映像監視システム」や「防犯カメラシステム」、「監視システムネットワーク」などの用語が見つかりました。


防犯と監視も厳密には「カメラが予防的に使われる」Vs.「犯罪が起こらないかをじっと観察する」ようなニュアンスの違いもありますね


英語の表現がしばらく経つと日本語になることもありますので一概には言えませんが

じっくり調べる忍耐力も大切ですね!


英語に引きずられないように注意しましょう!

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

機械翻訳は日々進歩していると言われますが、機械翻訳の品質については、一言で言い表すことができません。機械翻訳が全く使い物にならない分野もあれば、繰り返しが多いIT関係では早くから機械翻訳が導入されている分野もあります。 各分野で活躍する翻訳者に話を聞いた話をまとめると、機械翻訳後のポストエディットは翻訳よりかなり大変で、でも受け入れるしか道はないという結論に至っているようです。 翻訳業界は担い手が

「海外の翻訳事情と顧客に近い翻訳者の道(米国シリコンバレー)」セミナー ― 機械翻訳が通じない世界がある ― 翻訳者の皆さんは機械翻訳の進歩により仕事が奪われていくと感じてないでしょうか。私の知る翻訳の世界では、人間しかできない翻訳が求められます。翻訳の仕事は今後二極化していくでしょう。海外での翻訳経験を踏まえ翻訳者として今後進むべき方向性を考えます。 <セミナー目次> 1.翻訳者が直面する機械翻